2017年8月3日木曜日

伊根町での出前授業

 日本天文学会では、研究者と市民をつなぐ取り組みの一つとして、毎年七夕の季節に、全国の研究者が小中高校などに出向いて七夕や宇宙の授業をする取り組みを行っています。京都大学の宇宙グループも京都府教育庁と連携して、京都府内の学校数十校から要請をうけてスタッフや院生を派遣してきました。
 今年、私は7月7日(金)に丹後半島の北東部に位置する伊根町の伊根小学校を訪問しました。



 
 京都駅を7時過ぎに出て、天橋立駅に着いたのが9時半。わざわざ校長の齊藤先生にお迎えいただき、伊根小学校までの風光明媚な道のりのドライブを楽しみました。伊根町といえば「舟屋」が有名ですが、校長先生に展望台にまで連れていっていただき、町の全貌を見ることもできました。
 伊根小学校は、明治6年開校といいますから、140年以上の歴史を誇る小学校です。全校生徒数は100に満たないこぢんまりとした学校ですが、こどもたちはみな元気で、大きな活力を感じました。そして私もリフレッシュしました。
 まず3・4年生を相手に、夏の星座や宇宙生物探しの話を45分、休みを経て5・6年生向けに太陽や宇宙にあるものについての話をやはり45分しました。教科書的な知識でなく、こどもたちがわくわくしそうな話をこころがけたつもりですが、うまくいったかどうか。やはり宇宙人の話はどこでも受けます。
 もうひとつ伊根小学校の特徴は「美味しい給食」です。「日本一の給食でたくましい伊根っ子」をスローガンとしていると説明を受けました。地元の食材を生かしたその給食を、私も生徒たちと一緒にいただくことができました。食事のあと、授業の感想や質問など聞きました。知らないことがたくさんあった、宇宙に行ってみたくなった、など楽しい対話のひとときを持ちました。

 この場を借りまして、お世話になりました伊根小学校の先生方、京都府教育丁のみなさまがたに、厚く御礼申し上げます。

(嶺重 慎)

2017年7月7日金曜日

A long time ago in a galaxy

 リーダの長田です。

「この文句で始まればもちろんスターウォーズ」と思う人も、「そんな映画、知らん。前回の野上さんのブログで初めて知った」という人もおられるかもとは思いますが、そのスターウォーズの第1作が封切られたのが1977年、もう、ちょうど40年前のことになるのですね。そして3部作が完結したころには私はハワイ大学のポスドクに行き、天文学研究所(IfA)1988年までアラン・トクナガさんのもとで働いていました。研究所は196771日に開所したとのことで、その50周年記念の研究会に行って来ました。

ハワイ島のマウナケアという場所が天文学の観測に適した場所であると見抜いた人々の話や、その後の発展、そして将来への展望に関してとても有意義な研究会でした。おそらく赤外線観測では、たとえチリの晴天率の良い観測所を比較に入れたとしても、世界最高の条件なのだと考えられています。その赤外線観測をハワイでもリードしたのがエリック・ベクリンです。彼はオリオン星形成領域のベクリン・ノイゲバウアー天体に名前を残すだけでなく、天の川銀河の中心を発見したり、L型スペクトルの褐色矮星を見つけたりと、赤外線天文学の歴史を作ってきた人です。

彼は「ナガタのいないハワイ大学なんて」と1990年にカリフォルニアに戻ってしまいました(もちろんウソです。今回も、最初名前を正しく言ってもらえませんでした)が、口径10mのケック望遠鏡に関わり、スピッツァー宇宙望遠鏡に関わり、今もボーイング747SP(あの旅客機のスペシャル・パフォーマンス版!)に2.5m望遠鏡を載せた「ソフィア」プロジェクトで活躍しています。

それにしても長い年月が流れました。ベクリンの顔を20年以上も見ていなかったので、私も彼に声を掛けられて「エリック?」と聞いてしまった(なんで声を掛けられるんや?、いくら会ってなくて自信がなくてもこっちから声を掛けんかい、という自己ツッコミ)ぐらいですから。で、彼の話ではなくて彼の甥の話。
研究会にも参加していて、そして最後の日の夕食にも来てくれました。Zachary Urbinaという若くてカッコいい彼は、サイエンス等のライターもしているとのことで、SEICAに興味を示してウェブで調べ、ハワイのコミュニティの一部が30m望遠鏡に反対していると聞くと、いかにしてSNSを使えば効果的に意識の共有ができるかを提案し、さっそくトクナガさんはハワイ島の関係者と話すと言っていました。昔々の懐かしい記憶と、未来への確実な一歩を感じることのできた3日間でした。

彼の文は以下で読めます:
https://www.ua-magazine.com/living-with-the-sun/.WVdOAmjyj4Y#.WVdO7mjyj4Y

なお、行くときの飛行機の中では何とか英語を聞き取ろうと、「ローグ・ワン」を英語で見てました。
スターウォーズの第2作が封切られたときに「エピソード5帝国の逆襲」だというタイトルに何のこっちゃと言い、第1作が「エピソード4」だったと聞かされた(野上さんのブログ参照)のでしたが、ローグ・ワンというのはエピソード3.5なのだそうですね。あるいはセイファート銀河的に言うと、エピソード3.9なのですね。これまた何のこっちゃ、ですが、エピソード5と同様に最高傑作なのかも知れません。



   ケック望遠鏡とすばる望遠鏡とジェミニ望遠鏡から
   レーザーを発射して天の川銀河の中心部を赤外線観
   測しているところ、の写真を背中に載せたTシャツ
   をハワイ大学IfAでは作っていました。






2017年6月23日金曜日

映画に見る宇宙

 まいどー。広報・サイエンス担当の野上です。
昨年度から縁あってとある他大学で非常勤講師をさせてもらっています。かなり有名な私立大学で理系学部もあるところなのですが、私が担当させてもらったのは文系学生向けの「天文学概論」的な講義です。それで昨年度は太陽から宇宙論的な話まで、まじめ~に概論を語りました。私としては大変勉強になりましたし、学生に毎回の講義で書いてもらうコメントを読み、いくつかのコメントに対しては次の講義で少し詳しい解説を行うという形で学生とのコミュニケーションも取れて、非常に楽しい講義でした。
 さて今年度、少しひねった、というか趣味に走った講義にしてみました。講義のサブタイトルに「~映画に見る宇宙~」という文言を入れ、宇宙に関係する映画を3~4回に分けて講義中に鑑賞し、残りの時間を関連する宇宙のことについて講義するというスタイルです。で、映画を見終わる回で関連するレポートを提出してもらいます。
1本目として取り上げたのが、2015年に制作されたオデッセイ。日本でもかなりヒットしたので、観られた方も多いのではないかと思います。火星探査ミッションで火星に取り残されてしまった一人のクルーが、なんとか火星で生き延びるが、さてその救出やいかに?という感じのストーリーです。解説としては、火星やその他の惑星の基本的な情報から入って、様々な火星探査ミッション、現在可能性が模索されている現実的な火星移住計画などの話をしました。
 その上で課したレポートは、
---------------------------------------------------
さてあなたは、
1.人類は火星移住を目指すべきと思うか?
2.火星移住を目指す一人目のパイロットに志願するか?
3.火星移住が可能になったとしてあなた自身は移住するか?
のいずれかについて考察し、レポートとして提出せよ。
---------------------------------------------------
というものでした。これを読んでくださっている皆さんなら、どういうレポートを作成しますか?
 2本目で取り上げたのは「スターウォーズエピソード4 新たなる希望」です。言わずと知れた、スターウォーズシリーズの1977年製作の第1作。この映画では、R2-D2C-3POなどの魅力的なロボット・人工知能が登場します。それで、宇宙からは若干離れますが、人工知能のあらましから囲碁・将棋などの機能特化型AISiriなどの対話型AIなどの話をして、松田卓也さんなどが提唱している2045年問題などの解説をしました。
 その上で課したレポートは、
---------------------------------------------------
さてあなたはどう考える?
1.人工知能の今後の発展についての是非
2.人工知能の発展により社会はどう変わるか?
3.人間と人工知能との恋愛は成立するか?
のいずれかについて考察して、レポートとして提出せよ。
---------------------------------------------------
でした。例えば、人間が仕事を奪われることになるのではないか、というのはよく言われていることではありますが、それはある意味で、労働からの人間の解放とも言えることではあります。AIで人間は楽園を迎えるのか?AIに人間が支配されることになるのか?皆さんならどう考えるでしょう?
 3本目は、地球物理のある先生から貸して頂いたTHE COREという映画です。なぜか地球のコアの回転が止まり、地磁気が消失することで地球上に様々な影響が生じる。さあ、コアを再び動かす手立てはあるのか?というような映画です。あまり知られていないのではないかと思いますが、地球の内部をSFXで見せるという、なかなか面白い映画でした。解説としては、『太陽からの様々な影響から地球を守ってくれているのが地磁気で、確かにこれがなくなればエラいことになる。しかし地磁気がなくなるなんてことがなくても太陽でこれまでに観測されたことのないような「スーパーフレア」が起これば我々の生活は破壊されてしまうかもしれない。そして宇宙に数多ある太陽型星では、そういうスーパーフレアがたくさん起こっていることが我々の研究で明らかになった。』というような話をしました。
 その上で課したレポートは、
---------------------------------------------------
1.太陽でのスーパーフレアに備える準備としては国の施策として何ができると考えるか?
2.太陽でのスーパーフレアが1万年に1度の頻度であるとして、その対策に日本で年に5兆円規模で5年かかるとする。この対策を「今」行う必要があると考えるか?
3.この映画THE COREの感想を書け。
---------------------------------------------------
です。これは今レポートを書いてもらっている段階です。3は、1と2だけだと難しすぎてレポートの提出数が減ってしまうかなあと考えての救済措置みたいなものですが、1や2のテーマで自分で色々と調べてきちんと考えてレポートを書いてくれる学生が果たしているでしょうか?
 ということで、現在行っている非常勤講師としての講義の紹介をしてみました。実はまだ、最後の1本を何にするか決めていません。皆さんから、「この映画でこういうテーマでレポートを出してもらうといいよ!」というご提案をお待ちします。
画像はC-3POのWikipediaのページに載っていたものの転載です。

2017年6月14日水曜日

逆行

 プロマネの栗田です。

 天体を観測していると「角度」の概念の難しさにつくづく気づかされます。多くの方が星や惑星などの天体は地球から離れたある位置、例えば「ここ」とか「そこ」にあると、考えます。もちろんそれは正しいのですが、天体は大変遠いために、位置というよりは地球から見える方向つまり角度のみが観察されます(子どものころは車窓から眺める月とビュンビュン流れる景色をみて「月がずっと追いかけてくる」と考えるものです)。
 僕自身もこの手の問題で混乱しました。正確に言うと混乱させられたと言うべきか。。その一つに惑星の「逆行」があります。これは地球より外側の軌道を回る惑星(火星や木星であり、それらを外惑星といいます)に起こる現象で、天球上を一方向に移動していたはずの惑星が突如方向転換する(ように見える)現象です。詳しくは高校の教科書やWikipediaなどで調べてください、といいたいところなのですが、こどものころから教科書に書かれている説明と図に混乱され続けてきました。
 たとえば、Wikipediaには以下のような図1と図2で説明されます。


図1 教科書にも用いられる逆行の説明図(Wikipediaより)


図2 図1の状況から導かれる天球上での外惑星の見かけの運動。(Wikipediaより) 
図1のような惑星の運動であれば、実際はこのように見えず、次の図3に示すように
A1とA4が、またA2とA5が入れ替わった状況になるはず。


 この説明方法は教科書を含め広く使われています。この図で問題なのは本当は無限の彼方にあるはずの天球が青い太線で地球に対して結構近くに描かれていることです。この天球すなわちスクリーン上での惑星の位置(A1~A5)までを見れば確かに図2の赤線のような逆行を行います。
 しかし、冒頭でもいいましたが、天体も天球も大変遠くにあって、このスクリーンの位置とは異なります。この説明図にずっと違和感を感じてました。このスクリーンの位置はどうやって決めるのだろうかと悩んでしまいます。
 たとえばこのスクリーンがうんと近くて、外惑星のすぐ外側にあったとします。するとAの点群は順番通り並び逆行なんて起きません。また図3のようにうんと遠くにスクリーンがあればA1とA4の順番が入れ替わることもわかります。いったい何が真実なのだろうか。。

      図3 天球(スクリーンを)十分遠くに置いた場合のスクリーン上での位置関係。
      内惑星から外惑星に向かった直線をこれ以上延長しても相互に交わることは無い。
      この図であれば見かけの角度の変化とスクリーン上での位置の変化が比較的対応が良い。



 つまるところ天球すなわちこのスクリーンの位置がおかしい、いやむしろ冒頭に述べたように逆光に関しては天体の「位置」なんて考えること自体が誤解を招き無意味ではないか、と気づくわけです。大切なことは地球(T)から外惑星(P)の見える方向(角度)なのです。それならスクリーンなんて必要ありませんからね。ん~、それにしてもいつまでこの図は使われ続けるのだろうか。。

 この考え方が事実や主流に逆行しているのだろうか。。



2017年5月26日金曜日

ビア樽のなかの生命活動

 惑星観測装置担当の山本です。

 先日、大阪の長居公園で行われたオオサカオクトーバーフェスト2017に行ってきました。5月にオクトーバーとは、という思いもありましたが、好天にも恵まれおいしいビールと料理が頂けて幸せでした。


オオサカオクトーバーフェスト受付の様子

 学生時代に名古屋にある某ビール工場見学ツアーに参加し、そこでよりおいしくビールを頂くための「秘伝の三度注ぎ」のやり方を伝授され、以来その会社のビールをひいきにしていますがしかし、原材料/発酵のさせ方/ホップの組み合わせの違いで、世界には様々な種類のビールがあります。ビールと言えばキンキンに冷えた、と思いがちですが、あまり冷えていない方が風味や香りを楽しめるものも多くあります。今回のイベントでは5つの醸造所のビールしか飲めませんでしたが、これからがビールシーズン(本来は秋でしょうが……)。沢山飲んでいきたいです。

 さて、ビールはエジプトのピラミッド建設時に報酬として振る舞われたという記録が残っているほど歴史が深く、また全世界に多くの愛好家がいらっしゃるので滅多なことは言えませんが、その製法を極簡単に整理すると、麦などを由来としたデンプンを糖化させた麦ジュースにホップを加えた後、ビール酵母に発酵させ、アルコールと炭酸ガスを生成させてビールにする、でしょうか。ビールに限らずお酒というのは糖分を酵母に食べさせてアルコールを作ります。アルコールというのはそもそも炭素と酸素から出来ている鎖のどこかにヒドロキシ基(-OH)をくっつけた物質で、実は生物の体にはありふれています。

 少し話は変わりますが、私が研究している惑星観測装置では、木星のような巨大なガス惑星の観測を目指した装置開発を行っています。しかしこの装置で培った技術などを、現在建設が予定されている超大型の望遠鏡に適応することで、将来的には地球のように表面が水に覆われた岩石惑星の観測を行いたいと思っています。こうした惑星を観測し、「地球外生命の兆候」を発見することが究極の目標の一つです。

 ここで挙げられた「生命の兆候」が何を指すのか、に関しては様々な意見があります。地球型の生命を考えるならば、炭素から構成されている生物がいるのなら「メタン」が排出されるはずだ、とか、植物のような生命が光合成をするのだから「酸素」があるはずだ、とか、植物一つ一つを見ることは出来ないが大陸を覆うような大森林があるのならば「葉緑体の色」を見られるはずだ(2015年11月の山本記事参照[http://sarif-report.blogspot.jp/2015/11/blog-post.html])、とかです。

 このうち「葉緑体の色」というのは現在観測可能な星が太陽よりも小さく暗いので、地球の植物のような葉緑体を持っていないかも知れず、ハッキリと見られるのかは分かりません。また「メタン」や「酸素」などは生物が関わっていなくても生成される場合があるため、これらの物質が発見されたからと言って即「生命が発見された!」とはなりません。

 そこで、Turbo-King等のグループは、先ほど紹介した酵母菌のような生物の発酵によって生成された炭酸ガスとアルコールが検出出来れば、これが「生命の兆候」として使用できる、と報告しています(arXiv1703.10803[https://arxiv.org/abs/1703.10803])。もともと「海」があるような惑星を観測しようとしているので、水とアルコールと炭酸ガス、つまりビールのような惑星が発見出来るのならば、そんな惑星には生命が溢れている、と。

 実はこの論文は4月1日に投稿された(今年は4月1日が土曜日だったので掲載されたのは4月3日でしたが)エイプリルフール用のジョーク論文です。しかし何を以て「生命の兆候」とするのか、どんな物質が最適であるのか、そもそも「地球生命のような生命」の探査でよいのか、などなど議論は尽きません。土星の衛星には表面を覆った氷の下に液体の水があると考えられ、実際に間欠泉のように水が噴出していることが確認された(正確には水が分解された後のと思われる水素ですが)「エンケラドゥス」や、地球とはまったく異なりメタンが雲や川、海を作っている「タイタン」など、地球外の生命の存在が期待されている天体がいくつかあります。

 さまざまな理論や議論がありますが、何はなくとも観測出来なければ確認が出来ません。装置の開発を目指し、今後も開発を続けていきます。

それでは!



2017年5月12日金曜日

巨大真空容器

光学など担当の岩室です。

 現在、3.8m 望遠鏡で使用する分光器の開発を進めています。
この分光器は天体の赤外線スペクトルを調べるもので、なかなか大変な装置です。今回はこの装置の入れ物の紹介です。

 微弱な天体からの光を調べる天文学の観測装置にとって、関係のない周囲からの光は大敵です。可視光で使う装置は余分な光が装置内に入らないように、入射窓以外の部分は密閉することで周囲の光を遮断していますが、赤外線はそういうわけにはいきません。
なぜなら赤外線は温度のあるもの全てから放射されているからです。
特に分光器の場合は天体からの光を波長ごとに分けて更に微弱にしてしまうため、周辺からの光の影響をより受けやすくなります。
そのため、赤外線の装置は装置内部の壁をできるだけ(この装置の場合マイナス200度まで)冷却する必要があります。

 壁を0度より低い温度まで下げると結露します。そのまま時間が経つと、内部の全ての物が昔のアイスクリームの販売容器のように霜だらけの状態になり、全く使えません。
そのため、赤外線の装置は真空容器に入れて全ての気体を吸い出して真空とし、その状態で冷却する必要があります。3.8m 望遠鏡で使用する赤外線分光器は、できるだけ多くの情報を得るためにかなり大型の装置となっており、それを格納する真空容器も1m を超える大きなものとなります。
大きな真空容器は地球の大気圧との戦いとなります。

 地球の大気圧は1平方センチあたり約1kg で、1平方メートルだと10トンにもなります。これだけの力に耐え、かつ確実に真空を保持できる構造にするには、通常はできる限り球面や円柱を組み合わせた形となるのですが、その場合、内部の光学系の設置や取り扱いがしづらくなります。現在開発中の分光器は、光ファイバーで天体からの光を導くため、装置を観測ドームの1階に置くことができ、重量の制約がありません。そのため、メンテナンス性を重視して産業界で用いられるような箱型の真空容器を使う事にしました。




この箱は 1.7m×1.3m×0.7m のサイズのアルミ製(厚さ 5cm)で、ちょっと幅の広い浴槽位のサイズです(重さ1トン)。光ファイバーや電気系の配線は全て底面から入るので、逆さまの重箱の容器部分を引き上げるような感じで側面兼天板を外すことができ、重いですが内部のメンテナンスが非常にやりやすいのが利点です。




 この箱は、電子ビーム溶接という特殊な溶接方法で製作されています。
   上の写真は容器の一部の側面の拡大写真で、黄色の丸の中央で縦に溶接されているのですが、完全に一体化しているため、どんなに目を凝らして見ても溶接されている事が全くわかりません。最近の溶接技術の高さに感心した瞬間でした。


2017年4月21日金曜日

世の中に絶えて桜のなかりせば

春の心はのどけからまし、というが蓋し名歌である。3月半ばも過ぎると落ち着かなくなってくる。開花時期と満開時期はいつだろうか、どこへ行こうかと。
御所の北の近衛邸跡地付近の枝垂桜はやや早咲きで、まずはこれを見に行く。何本かの枝垂桜があるが、いずれも見事な枝ぶりに色も少しずつ違って、見ごたえがある。数日もすると染井吉野が盛りとなり、北部グラウンド横の花折断層を登って疏水分流を南下する。銀閣寺道までくれば桜のトンネルで、疏水の水路に枝が伸び出した様は風情がある。哲学の径までくると、桜だけでなく、雪柳とレンギョウが白と緑と黄色のコントラストをなして競うように咲いている。雪柳とレンギョウは何故か並んで咲いていることが多いような気がするのは気のせいだろうか。更に哲学の径を南下して大豊神社前までくると、これまた立派な桜の木があって、人気のスポットである。大豊神社に寄り道すると、遅咲きの見事な枝垂梅が見られることもある。若王子で哲学の径を離れ、永観堂前を通って、野村別邸碧雲荘の西側までまわると、そこは紅色の枝垂桜のちょっとした並木道である。しばし呆然として眺めいる。気を取り直して、桜並木を通り南禅寺門前を経て、蹴上インクラインまで歩く。ここも桜のトンネルである。少々歩き難いが、インクラインを上がっていくと、桜だらけの京都市内を一望することができる。歩き疲れたので今日はここまで。この先、蹴上を踏み越えて山科疏水まで行けば山桜の古木が多く、また違った風情が楽しめるが、また明日にでも。
さてそれから暫くすると京都の北の方の桜も咲き始める。土日に時間があれば、京北の常照皇寺へ。有名な御車返しの桜(一重と八重が一枝に咲く)は今はもう老木でほとんど咲かないようだけど、九重桜の巨大な枝垂桜もあるし、御所から株分けしたとかいう左近の桜もある。これでシーズン終わりかなと思うが、まだ御室桜は大丈夫かも、ああ忙しい。と、いうのが理想的なのだが、実際にはそんなに花見ばかりしてられない。やはり、世の中に桜がなければ春の心は落ち着くに違いない。


太田 2017412日 




この写真は家の近くの桜