2017年1月16日月曜日

射貫け

   惑星観測装置担当の山本です。

 みなさま、あけましておめでとうございます。
 物理的にはあり得ないと思われているが、インターネット上では稀によく見られる現象として、時空の乱れがあります。今回の原稿の締切は2017年1月11日だったのですが、「今を去ること2017年1月15日の出来事」について書かせて頂きます。

 2017年1月14日未明からしばらくの間、大寒波が日本各地に大雪をもたらし、京都でもかなりの雪が積もりました。この原稿も窓の外で吹き荒ぶ雪を見ながら書いています。年に一二度ちらつくか、と言う様な地域で生まれ育ったので、毎年数度は雪が積もる京都の気候はいまだ新鮮な気持ちになります。

 さて、この時期に新鮮な想いが溢れるコト、と言えば成人式を初めとした新成人の方々が迎える各種の行事があります。いろいろな行事が各地で行われていると思いますが、私が京都に来る以前から気になっていた、京都ならではの行事に、三十三間堂で行われる通し矢があります。正式には大的大会(おおまとたいかい)といい、いわゆる通し矢とは別物のようですが、晴れ着の新成人達が弓を射る姿は、雪景色の様な眩しさがありますね。一昔、どころか二昔近い昔ばなしなってしまいましたが、私も高校時代に弓道をやっており、大学時代も続けていればここで射っていたかも知れません。


三十三間堂の通し矢大会。的の大きさは100cm。決勝、上級者などは的のサイズが小さくなるそう。

 本来の通し矢とは違う、と申しましたが、鎌倉時代頃からはじまり、江戸時代頃に最盛を迎えた通し矢は、上の写真の背景にあるお堂、三十三間堂の軒下を端から端まで、約100メートルを一昼夜かけて何本的に当てられるか、と言う競技だったそうです。13000本中8133本を通したと言うのが最高記録だそうですが、単純に一昼夜を24時間として、1分間に9本、しかも屋根のある軒下ですから、非常に強く弓を引かねばならず、まさに超人的な競技です。現在の大的大会は60メートルの屋根無し、とはいえど甲矢乙矢の2本勝負ですから、かなり心技体が整わなければ的中させることは難しいと思われます。

 60メートル先の1メートルの的、というのは角度にするとちょうど1度くらいです。月の大きさがおおよそ0.5度。1度の範囲に矢を射る、ということも難しいですが、我々が現在開発している惑星撮像装置は、星の周囲の0.2秒角から1秒角の範囲に惑星が存在するかどうかを撮像観測によって明らかにしようとする装置です。秒角というのは1度の60分の1の60分の1です。
 
 そんな非常に小さな目標ですが、正確に射貫いて惑星が検出出来るよう、本年も心技体を整えて臨んでいきたいと思います。
  
それでは!

2017年1月4日水曜日

お役立ち情報 その2

光学など担当の岩室です。

 現在、3.8m 望遠鏡で使用する分光器の開発を進めています。
などに進捗状況など挙げており、今後も追加していきますのでマニアックな方はご覧下さい。

 で、今回はほぼ2年ぶりのお役立ち情報です。今回は何でもないケーブルの巻き方です。皆さん、長いケーブルをグルグル巻いて束ねたい事はちょくちょくありますよね。その際、いつも困るのが
 1. ケーブルがねじれる
 2. 解く際に先端が輪の中を通ると結び目ができてしまう
です。特に、巻き始めた側から解き始めるとちゃんと解けない事が多かったりするのですが、この原因は、どちらから巻き始めたのかよく分からない、という事も原因の1つとなっています。

 そこで、これらの問題をどちらも解決する巻き方の紹介です。
まずは、以下の写真1のようにケーブル両端部を持ち、普通にグルグルと巻いていきます。最後には2つ折りになったケーブルの端が来ますが(写真2)、それを輪の中に1〜2回通してコネクタに掛けます(写真3)。この巻き方の良い所は、2つ折りにすることでグルグル巻いても折り返し点でケーブルのねじれが相殺し、ねじれが溜まりにくい(非常に長いケーブルや、固いケーブルはねじれますが)事と、どちらから巻き始めたかが一目瞭然でわかることです。
これにより、2つ折りになっている側から解けば絡まる事無くすぐに全体を伸ばすことができます。AC アダプタのような大きなものが付いている場合には、小さいコネクタの方だけに2つ折り部分を掛けます(写真4)。柔らかくて長いケーブルほど、この巻き方が有効になりますので、そういうケーブルを見かけたら試してみて下さい。但し、この巻き方の欠点は2つ折り部分がかなりの角度で折れますので、この部分だけケーブルの劣化が早まる事です。曲げに弱いケーブルはこの巻き方は避けて下さい。




2016年12月14日水曜日

義士まつり

 今回のブログ締め切りは、1214日とのこと。そうなると、討入の話題にせざるを得ない。(そんなことないやろ、という突っ込みが聞こえてくるが。)各地で四十七士を偲ぶイベントが開催される日であるが、ここ山科でも義士まつりが開催される。山科は、大石内蔵助が討入前に隠棲した地として有名である。岩屋寺付近に住んでいたが、その正確な場所はわかっていないそうだ。また、あまり知られていないが、毘沙門堂の門前に瑞光院というお寺があって、四十七士の遺髪が埋葬されている。このお寺は、もとは、京都市内は堀川鞍馬口付近にあったそうで、元禄時代にはそこの住職が、浅野内匠頭長矩の妻であった瑤泉院と族縁に当たることから、浅野家の祈願寺となった。(お寺の説明看板による。)元禄14年(1701)、浅野内匠頭が江戸城で吉良上野介に忍傷に及んで切腹した際、同寺に供養塔が建てられた。そして2年後に打入りを果たし、大石内蔵助らが切腹した後、その遺髪が寺内に葬られたとのこと。瑞光院は、昭和37(1962)に山科に移転して現在に至っている。そういった縁もあって、毎年1214日には義士まつりが開催されるのであろう。

 とはいえ、私が小学生の頃にはそんな行事はなかった。今年は第42回というから昭和49年(1974)から開始されたことになる。山科地区の一般の人が、大石内蔵助など四十七士に扮して毘沙門堂から岩屋寺まで練り歩く。四十七士ではないが、瑤泉院やおかるといったゆかりの人物も歩く。途中で、子供(幼稚園児)達が、子供歌舞伎も披露する。写真でもわかるかと思うが、東映太秦映画村も協力して衣装をそろえる。なかなか本格的である。見物客も多く、すっかり名物になった印象である。しかし、最近は資金不足で寄付も必要なようで、いずこも大変だなと思ってしまう。
 
太田 20161204日 




毘沙門堂出発!
どうでもよいが、この場所(正確には写真右下付近)は、
鬼平犯科帳最終回の冒頭シーンの場である。





2016年12月2日金曜日

「天才の生まれる風土」とは?

 先日、たまたま手にした藤原正彦著『国家の品格』(新潮新書)の中に、興味深い記述を見つけました。
 「天才は人口に比例してあちこちから出現しているわけではない。どんな条件がそろうと天才が生まれるのか」という問いを携えて、藤原氏は天才数学者の生まれ育った故郷を訪ね歩きました。そして、天才を生む土壌には三つの共通点があることに気づいたのです。その第一条件が『美の存在』。インドが生んだ天才数学者、ラマヌジャンが育ったクンパコナムという田舎町を訪ねて、その確信を深めたといいます。そしてこう書いておられます「このクンパコナムの周辺からは、ラマヌジャン以外にも天才が出ています。二十世紀最大の天体物理学者と言われ、ノーベル賞ももらったチャンドラセカール・・・(中略)・・・も半径三十キロの円に入るくらいの小さな地域の出身です。その土地に存在する美が、天才と深い関係にあるのは間違いないと思います」。
 チャンドラセカールは、「ブラックホール天文学」という学問分野を創始した人といっても過言ではないでしょう。その原点が美しい田舎町にあったと知って、妙に親近感を覚えたのでありました。
 さらに藤原氏は、日本はその『美の存在』する国であると論を進めるのでありました。まさにその通りだと実感します。写真は数年前、5月半ばに長野県の上高地を訪れたときの写真です。まだ観光客も少なく、草木がようやく長い冬の眠りを終え芽吹き始めたころ、朝の散歩をしていると、樹上では小鳥がすんだ声でさえずり、地上ではニリンソウが慎ましやかに緑の絨毯に白いアクセントをつけています。とうとうと流れる梓川の川辺からふと見上ると、穂高連峰が朝日に美しく映えていました。まさに『美の存在』体験でした。
(嶺重 慎)


5月の上高地風景

2016年11月4日金曜日

いいかい ぼうや

 お空をふく 風が知ってるだけだ(野上彰 訳詞とのこと)とともに how manyseas must a white dove sail 等と暗唱し、鳩はドウヴとは言わないんだなあ、ダヴってラヴと同じ読み方だなあと、リベラルの英語の先生に習いジョーン・バエズの歌を聴かされていた中学校時代を、懐かしく思い出しています(その頃はボブ・ディランという人が作ったとはほとんど認識していませんでしたし、ピーター・ポール・アンド・マリーも知りませんでした)。その授業のおかげで、ノーベル文学賞の人の作品を初めてすらすらと暗唱できる(その後読んだものだと、トンネルを抜けるとそこは雪国、だったか、国境の、から始まったか等はいつもわからなくなるもので・・・)ことになりました。リーダの長田です。

 恒例の出前授業に、岡山県浅口市の寄島中学校へと行ってきました。1学年1クラスの小さな中学校で、生徒の皆さんがとても素朴な感じで私は大好きになりました。「宇宙人はいますか」といった質問とともに、「先生はどうして天文学の道に進んだんですか」という質問を受けました。夜空を見ていてとても星がきれいだったから、そしてまだ小学生だったものの親にねだってねだってねだって天体望遠鏡を買ってもらったから、ではあるのですが、実はその望遠鏡が粗悪品で、今ではとても売っていないようなひどい代物だったと私は思っています。たぶん安月給の親が小学校の子に簡単に買える値段だったので仕方ないのかも知れませんが、パッと見の格好だけはまともな感じで、そして「倍率100倍!」というのが売りのものだったのだと思います。

 しかし、ファインダーのたぐいが一切ありませんでした。単なる照準の目印のようなものさえ付いていませんでした。そして、口径が40 mmで対物レンズの焦点距離が800 ㎜にもかかわらず、8 ㎜という接眼レンズ一つしかついていません。三脚付き経緯台とは言うものの、細い木でぐらぐらの三脚と、まったく回転させることを考えていない(固く締めるか緩めるかだけの芯があるだけの)高度軸と、ぐらぐらの軸に横からネジを立てて固定するだけという水平軸でした。これではお月さまを見るだけでも相当大変でした。これを買った人のいったい何人が繰り返して空を見る気になったでしょうかねえ。

 ところが子どもの執念恐るべし、やっぱりガキというのは時間もあるしそればっかり考えているので、いろいろ工夫したり天文雑誌を立ち読みしたりして、何とかかんとか土星の輪を見たり木星の縞模様を見たり、色消しの対物レンズを分解して2枚を逆向きに組み立てると全然まともな像が見えなくなるのを痛感したり、どんどんのめり込んで行きました。

 ・・・そして私は How many roads must a man walk down と聞いたらわかるんだけど、普通に roads という発音を聞いたら「どれだけ多くの重荷 loads なのかなあ」と誤解したりしつつも、今週も通勤中に「英語で読む村上春樹」をイヤホンで聞いています。考えてみればNHKラジオ第2の英語を聞くという習慣も中学生の頃についたもので、そういう意味では若い時に(良い望遠鏡を買ってもらえるという経験でなく、ひどいのを買ってもらうというのであっても、いや、そんなのこそ)いろいろな経験をするのが良いんじゃないかなあ、と思っています。大学のセンセが訳のわからんことをしゃべって帰ったなあ、であったとしても。

 さて、若いのは素晴らしいかも知れないけれど、上記のNHK番組で読んできた「パン屋再襲撃」、発表後30年近くも経ってからたぶんジェイ・ルービン訳のThe Second Bakery Attack に影響を受けて(?)「再びパン屋を襲う」という作品へと改稿するという村上春樹さんもなかなか若さを失っていないように思います。見ならわないと。


岡山県浅口市立寄島中学校(ウェブのページより)








2016年10月21日金曜日

学生と元学生の結婚披露宴

1016日の日曜日、宇宙物理学教室のD2の学生と、同級生で修士まで宇宙物理学教室に在籍し、民間企業に就職した学生の結婚式に参加してきました。二人とも学部4回生のときに、上田准教授と私が指導している卒業研究を取り、修士に進学して、男性の方は上田さんを指導教員とし、女性の方は私が指導教員になりました。男性の方は今も博士後期課程の学生なのですが、私からすると共同研究者の立場です。今年の1月に私の指導するM1の学生がブラックホールX線連星についての論文を、Natureに主著者として出版した際、X線のデータ解析や解釈について非常に大きな貢献をしてくれました。

そういう関係だったので、披露宴では生まれて初めて「主賓」として、最初のスピーチをするという経験をさせて頂きました。大学教員をしているといつかはあると聞いていたのですが、いやー、どういうことを話したらよいのか考え込んでしまうものですね。ここでダダスベリしてしまうと台無しにしてしまうかもしれないし、でも笑いを誘うところを入れないわけにはいかないし、よくあるような説教臭い話は柄ではないし、、、結局頭の中では1ヶ月くらい考えていました。最終的には私なりに二人の人柄の紹介もできたし、少しの笑いも起きたし、無難に済ませられたのでよかったのではないかと思ってます。パワーポイントを使わずに人前で喋るのは久しぶりでしたが、カンペを見るのも嫌だなあと思って作らずに行ったら、話そうとしていたことの2割くらい喋り忘れてしまいましたが。

しかしまあ、披露宴というのはいいですね。よい会場、美味しいお酒と料理、皆さんの和やかな祝福の雰囲気、そしてなにより新郎新婦のいい笑顔!とても楽しませてもらいました。お二人さん、末永くお幸せに!写真はこの披露宴のウェディングケーキです。

サイエンス・広報担当

野上








2016年10月7日金曜日

伝説の鏡・レンズ磨き和尚 木辺成麿氏

 最近(2016年6月17日)、名古屋のCBCテレビの取材を受けました。鏡・レンズ磨きの名人のお寺の和尚さんとして有名な木辺成麿氏(1912-1990)を取材した古い50年前のテレビ番組のビデオテープが見つかり、それを元にした番組を作りたい、ついては木辺氏が納めた鏡があるはずの花山天文台で取材したい、との理由でした。実は数年前にもNHK滋賀局より、滋賀出身の木辺成麿氏に関する取材をしたい、ということで、花山天文台に取材カメラが入ったことがあります(そのときの番組の放映は2013年12月13日)。
 亡くなって30年近くもたってなお、テレビ番組で特集番組が作られる木辺成麿氏とはどんな人物だったのでしょうか?
 Wikipedia で調べると、「木辺 宣慈 (きべ せんじ、本名:成麿(しげまろ)、1912年4月1日 - 1990年5月2日)は、日本の浄土真宗木辺派本山・錦織寺の僧侶、真宗木辺派21代門主。光学技術者。レンズ磨きの名人として知られ、「レンズ和尚」と呼ばれた。京大文学部卒業。吉川英治文化賞受賞。著書には「反射望遠鏡の作り方」などあります。
 ちなみに数年前に、京大総合博物館で特別展「明月記と最新宇宙像」を開催したとき、国宝明月記を冷泉さんにお借りするために初めて冷泉貴実子さん・為人さんご夫妻にお会いして面談中、何かの話の流れで木辺さんの名前を言いましたら、「木辺成麿さんは私どもの親戚ですよ」とえらく喜んでくださいました。

 個人的なことから話をすれば、私にとって木辺成麿氏の名前そのものは、学生のころから知っていました。私は京大理学部4回生のとき(1976年)、課題研究S2のゼミで、久保田諄先生(非常勤講師、当時、大阪経済大学助教授)から花山天文台太陽館で黒点磁場測定の指導を受けたのですが、その頃、久保田先生から、この鏡は鏡磨きの名人の木辺成麿和尚が作成したものだ、というような話をしょっちゅう聞いていたのです。それで「木辺成麿」という名前は良く覚えていました。しかし、当時は望遠鏡にも花山天文台の歴史にもほとんど興味はなかったので、木辺成麿氏とはどんな人か、というのは全く知りませんでした。
 附属天文台の台長になって色んなゲストの方に花山天文台の見学案内をしなければならなくなって、次第に望遠鏡や花山天文台の歴史にも興味がでてきました。80をすぎたゲストのおじいさんが「子供のころから花山天文台に来るのが夢でした」とか、「中学の頃、花山天文台の観望会で見た土星の美しさに感動して理科の先生になった」という話を聞くにつれ、花山天文台の歴史のすごさを感じるようになったのです。
 それで色々調べてみると、木辺さんは子供のころ、花山天文台初代台長の山本一清博士が始められた天文同好会に参加し、山本博士の教えを受けたそうです。天文学者になりたかったが、実家が有名なお寺なので、それは許されなかったのだとか。自分で望遠鏡を作りたいと思い、鏡磨きの名人の中村要さんに弟子入りして鏡を自作できるようになったころ、中村さんが29歳の若さで突然死亡(自殺、1932年)。その後は中村要さんの志を引き継ぎ、京大花山天文台のために大きな鏡をいくつか磨かれました。また木辺さんが作成した多くの鏡やレンズは日本のアマチュア天文家のために大いに役立った、とのことです。(生涯、3000枚の鏡を磨かれたそうです(佐伯恒夫、天界、1990年7月号))。
 数年前、NHK滋賀の取材電話で、「木辺成麿さんは花山天文台のどの望遠鏡の鏡やレンズを作られたのでしょうか?」、という質問を受けたとき、私には全く答えられなかったので、当時お元気だった西村有二さん(当時、西村製作所社長)に電話して教えてもらいました。
 「木辺さんが作成されたのは、
  1)太陽館の70㎝ シーロスタットの2枚の平面鏡 
  2)同じく太陽館の50㎝ 凹面鏡
  3)ザートリウス18㎝ 屈折望遠鏡のガイド鏡レンズ(12.5㎝)
  4)シュミット鏡(60㎝)(倉庫の中)
  5)飛騨天文台の60㎝ 反射望遠鏡」
とのこと。早速、それをそのままNHK滋賀の記者さんに伝えました。
 調べると、60㎝ 反射望遠鏡は最初は花山天文台に設置され、月面地図つくりの国際共同観測に活躍した、ということもわかりました。60 cm 反射望遠鏡は飛騨天文台開設(1968)に合わせて飛騨に移設され、飛騨天文台最初の望遠鏡として、月・惑星観測に活躍しました。野上君が飛騨天文台に着任(2000年)後は、突発天体観測用としてよみがえり、野上君によって60 cm反射望遠鏡で観測されたガンマ線バーストの可視測光データがNature 論文(Uemura, M. et al.2003)に貢献しています。これは飛騨天文台発の初めてのNature 論文と言えます。
 CBCテレビ局で見つかった古いテレビ番組には、木辺成麿さんが花山天文台の天体望遠鏡用の60 cm鏡を研磨している様子が鮮明に映っています。また番組の最後には鏡が花山天文台に納入されたところで終わっています。放映された番組を見ますと、古いテレビ番組が作られたのが、1966年、木辺さんが54才のころです。花山天文台太陽館ができて5年目のことでした。番組中の一コマを図に示します。
 実は木辺成麿さんのお顔を拝見したのは、このテレビ番組が初めてでした。手元に花山天文台50周年記念祝賀会(1979年)の集合写真があるのですが、最初はそこに木辺さんが写っているかどうかすら、わからなかったのです。しかし、このテレビ番組のおかげで、木辺さんも確かに写っていることが判明しました。花山天文台の重要な望遠鏡の鏡やレンズを作成した木辺さんが50周年記念会に招待されないはずはない、という確信が証明されて嬉しく思っています。

 現在、京大3.8m望遠鏡の建設チームはアストロエアロスペース社や西村製作所のみなさんと協力して3.8m望遠鏡を開発・建設しています。その中で、分割鏡の研削・研磨はもっとも重要な技術開発であり、ついに1mクラスの天体望遠鏡用の反射鏡を世界最高速度で作りあげる技術の開発に成功した、というのはすごいことだと思っています。今日、木辺さんの話を書いたのは、50年前に世界に肩を並べる純国産の60 cm反射鏡を研磨するのに成功した先駆者、木辺成麿さん、というすごい人が花山天文台の近くにいて、天文学の発展に大きく貢献した、という歴史と、奇遇なほどつながっていると思ったからです。
  木辺さんの作成された多くの鏡やレンズはアマチュア向けの望遠鏡として、西村製作所や五藤光学を通して世の中に普及し、その結果、日本のアマチュア天文学は世界一になりました。同じように京大3.8m望遠鏡で開発された技術は、日本だけでなく世界のプロやアマチュアの天文学に、さらには関連産業の発展に、大きく貢献するだろうと確信しています。

(2016年9月25日、記)
柴田一成



写真 木辺成麿氏(上)と鏡研磨の準備中の様子(下)
(1966年に放映されたテレビ番組を元に作られた
名古屋CBC放送の番組2016年7月6日放送『イッポウ』
http://hicbc.com/special/6039/contents/39_0112lens/
サンキュー! #1/60 記憶のプレゼント「レンズ磨き職人」より)